2007年11月27日

脊椎ヘルニアの治療方法

脊椎ヘルニアになって苦しんでいる方がいます。脊椎ヘルニアは、椎骨と椎骨の間の椎間板というクッション組織がその周囲の固い膜が破れてはみ出てくることにより起こります。これらの病気は、なんらかの理由で、突然、発症するケースと、日々の疲労が蓄積されての慢性のものがあります。

ヘルニアは、頸から腰までどの場所にも発生する可能性がありますが、脊椎ヘルニアは、ほとんどは腰の部分で起こります。腰が前に曲がりにくい、 腰や背中がひどく凝る、 腰を曲げると太股やふくらはぎにしびれるような痛みが走る、歩行困難になる、 尿が出にくくなるなどの症状が現れます。

腰痛、特に脊椎ヘルニアの治療としては、1.内服療法(消炎鎮痛剤、筋緊張緩和剤などの経口投与)2.理学療法(リハビリテーションとして、牽引療法、コルセット療法、電気療法、低出力レーザー治療など)3.神経ブロック(抗炎症効果のあるステロイド剤と局所麻酔剤の注入)4.身体に負担をかけないレーザーによる腰痛治療(PLDD)などがあります。

自宅で夜にぎっくり腰や突然の腰の痛みの場合は、脊椎ヘルニアなのか、一般の腰痛なのかこの時点ではまだ、わかりません。この時点で先ず、炎症を起こしていますから湿布・アイスパックなどで患部を冷やします。しかし、熱が下がったら筋肉も硬くなりますので、逆にカイロなどを貼って患部を暖めた方が良いですね。


RSS関連リンク
脊椎ヘルニア-2
脊椎ヘルニアになって苦しんでいる方がいます。 脊椎ヘルニアは、椎骨と椎骨の間の椎間板というクッション組織がその周囲の固い膜が破れてはみ出てくることにより起こります。 これらの病気は、なんらかの理由で、突然、発症するケースと、日々の疲労が ...

脊椎ヘルニア
脊椎ヘルニアになったら辛いですね。脊椎ヘルニアとは、椎体と椎体の間にある椎間板が突出し、神経根を圧迫している状態のことです。椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成っていますが、この髄核や線維輪の一部 ...

脊椎ヘルニアにご用心
脊椎ヘルニアで困っている人が大勢います。脊椎ヘルニアは、腰椎の椎間板が飛び出し神経を圧迫することにより腰痛が発症します。立っているとすぐ辛くなったり、椅子に腰掛けているのが辛くなります。また、坐骨神経痛の原因にもなります。 ...
posted by kazmaa at 07:18 | TrackBack(1) | 脊椎ヘルニア 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。